カテゴリ:一閑張り( 39 )

ちょっと、お出かけ・・・


みなさんと、京都へ・・・「歴史のお勉強」に出かけてきました・・・御所~映画村~おみやげ屋さん・・・
a0124543_10404168.jpg
a0124543_10405149.jpg
a0124543_10411013.jpg
a0124543_10414459.jpg
a0124543_10420431.jpg
映画村で・・・
a0124543_10424744.jpg
みやちゃんが、「立ち回り」を・・・
a0124543_10431662.jpg
a0124543_10434215.jpg
a0124543_10440754.jpg
a0124543_10443327.jpg
a0124543_10450125.jpg
a0124543_10453840.jpg
a0124543_10463502.jpg
a0124543_10470413.jpg
それから、教室で・・・ごぼうを描かせていただきました。
a0124543_10472863.jpg
それから、依頼のあった・・・「泉州掃除に学ぶ会」(大阪ブロック大会)看板(大きな文字を)を手描き
a0124543_10475842.jpg
タオルをつかんで・・・終われば、手袋をクルットひっくり返して、燃えるごみで・・・
a0124543_10482405.jpg
a0124543_10485940.jpg
そして、「お出かけ・一閑張り講座」です・・・長野県栄村へ・・・
講座の前日、早く着きましたので、「国際タイムカプセル館」にて、お許しを得て、準備を完璧に済ませ・・・
人形の館「高橋まゆみ人形館」のお食事処で、初めて「ジャガイモのなます」を・・・
a0124543_10493074.jpg
翌日・・・講座がスタートしました・・・午後2時までですので、ちょっと準備運動から・・・
a0124543_10503184.jpg

a0124543_10505785.jpg
a0124543_10513680.jpg
a0124543_10524028.jpg
a0124543_10531831.jpg
a0124543_10535124.jpg
それから、限られた時間内で・・・タオル筆講座も、しっかりと・・・
a0124543_10544023.jpg
そして、「ぜひ!に・・・」という事で、実演もさせて頂きました。まずは、井上先生に、丸を5つ描いてもらって・・・
a0124543_10551995.jpg
a0124543_10555894.jpg
a0124543_10570492.jpg
a0124543_10572565.jpg
2時半ぐらいに終わったのかな?そこから、車で40分ぐらいのとこに「紙漉き」をやっていると聞いていってみましたが玄関に休館日と看板が出ていまして・・・残念!なんかほこりっぽくて、普段から活動されているのかな?って感じました。
a0124543_10581402.jpg
それから、帰路に着きました・・・帰りはゆっくり7時間でした。無事に帰ってくることができ、有難く思っています。今回、企画;お招きをいただきました、吉川先生に、大感謝です。おかげさまで、次に繋がるような感じです・・・群馬の井上先生もいろいろとありがとうございました。受講生の皆さん、館の皆さん、お世話になりました。感謝をこめて・・・









[PR]

お出かけ・・・


お出かけしてきました。
まずは・・・みやちゃんのふるさとへ・・・文化協会の皆様(任意)10名と・・・
a0124543_10281078.jpg
a0124543_10312358.jpg
みやちゃん達の絵手紙を飾って頂いている「ホッと蔵」へ・・・
これが、16年前に、日本一になった作品です。「一閑張り;安来節」直径140cm
a0124543_10313517.jpg
a0124543_10322110.jpg
左の方が、島崎さん(蔵長)です。
ポンポコちゃんの作品も、ちゃんと輝いていました。
a0124543_10333607.jpg
大師匠の谷村先生の作品も立派に・・・
a0124543_10351084.jpg
a0124543_10343047.jpg
それから、矢田川温泉へ・・・外は吹雪・・・
a0124543_10354833.jpg
そして、無事に「民宿つかさ」さんに到着・・・
a0124543_10373825.jpg
a0124543_10363197.jpg
翌日は、大雪の中・・・餘部の鉄橋へ・・・
むかしの頃の写真です。
a0124543_10325542.jpg
今は、コンクリートで、展望台まで、エレベーターが設置されています。
展望台の様子です・・・雪で景色が見えにくいです・・・
a0124543_10382348.jpg
a0124543_10531516.jpg
a0124543_10540259.jpg
おみやげも、しこたま買って・・・
いつも「海の蔵」蔵平さんとこで・・・
a0124543_10560324.jpg
a0124543_10544171.jpg
a0124543_10551566.jpg
帰りは、「陶の郷」丹波篠山の立杭焼きへ・・・
そこで、レストランのオーナーさんが、篠山JCの歴代OBさんで、少しお話させていただきました。みやちゃんは泉佐野JCOBで、姉妹JCでしたので、現役時代は毎年交流させていただいていました。

それから・・・
東京講座へ出かけてきました。
大雪の名残り・・・東京;大崎・・・
a0124543_11054364.jpg
またしても、大雪の予報が・・・
みやちゃんは、大事をとって前日から、ゆったりと東京入りをして、大崎ウエストギャラリーのすぐそばのホテルで一泊です・・・歩いて5分ぐらいかな・・・
そして、翌日準備が始まりました。講座担当の角田さんとアシスタントの大井さん・桜井さんです。
大井さんは、毎回お手伝いをお願いしています。桜井さんは、一閑張りの達人で、ご自分の作品の販売もされています。
a0124543_11063745.jpg
恒例の「肩たたき準備運動」から・・・(笑)
a0124543_11074530.jpg
a0124543_11071444.jpg
a0124543_11092756.jpg
a0124543_11081464.jpg
a0124543_11103824.jpg
a0124543_11100421.jpg
一閑張りのお話し、竹(ザル)・紙・柿渋のお話し・・・和紙と柿渋の仕入れ先は、間違いのないところを、相手の会社に了承いただいて、受講生さん達に毎回ご紹介させていただいています。中には200名の生徒さんを教えておられる先生もおられますので、しっかりとしたところでないと・・・
下地処理から、のりそして紙の貼り方を実験を交えて、解説し、実習をしていただき、仕上げ張りの貼り方、文字・絵の描き方、柿渋の塗り方等々を、実演しながら解説し、十分わかりやすくお伝えしました。宿題用に、仕上げの和紙・柿渋100g+α・・・おみやげに、みやちゃんの「絵手紙カレンダー」を、持って帰っていただきました。おつかれさまでした・・・
アシスタントのお二人様おつかれさまでした。講座担当の角田さん、ありがとうございました。
終了後、島田社長と少しお話させていただきました。
次回の内容の事「基本+応用編」・・・そして「第8回全国タオル筆で描く絵手紙コンクール」入賞作品の東京展示に関して・・・等々・・・





[PR]

熊取煉瓦館にて・・・

裏の80cm農園で、ごそごそしていると・・・大き目の蝶が、羽を休めていました。近づいて写真をとっても動きませんでした。誰かさんが、蝶に変身して会いに来てくれたのかも・・・

a0124543_19262435.jpg

3回シリーズで、福島先生率いる「熊取絵手紙クラブ」へ、お招きをいただきました。
これは、その1回目(昼の部)の様子です。
a0124543_19383250.jpg

a0124543_19293866.jpg

下地処理の目荒らしから・・・下塗りの工程を、先に済ませて、乾かす間に、解説をさせて頂きました。地元をはじめ、東京(大崎ウエストギャラリー)とかで、何度もお伝えしてきましたので、だんだんと、段取りよく、効率も良く進めさせていただいています。「だんだんと進化しています」と言ったら、笑いが起こりました。
a0124543_1936653.jpg

福島先生も、手取り足取り、一所懸命です・・・
a0124543_19364399.jpg

ここの、内側が浮きやすく、問題です。しっかりと押し込んでいただいています。(120%の気持ちで)
a0124543_19393339.jpg

解説をしながらの実演後、皆様に1回目を、貼っていただきました。
a0124543_1940335.jpg

はじめての方もおられますので、破れにくい紙を用意しました。
a0124543_1944123.jpg

a0124543_19423410.jpg

しっかりした紙なので、糊は少し硬めで・・・紙に糊りを付けますが、紙が糊を吸い込みますので、たっぷりと糊をつけてもらいました・・・夜の部の皆さんです。超ベテランも多いです。
a0124543_19465776.jpg

ご無沙汰していた熊取の皆さんですが・・・久しぶりに、お逢いできてうれしかったです。次回が楽しみです。
[PR]

お盆明けの教室・・・

今日は、お盆明けの教室(一閑張り)がありました。皆様に会葬のお礼からスタートです。

a0124543_17471820.jpg

下地処理↓これが、「浮き」を防ぐ大事な工程の一つです。
a0124543_17481218.jpg

そうそう、依頼があって・・・泉佐野市唯一の、国宝「慈眼院」さんに言ってきました。みやちゃんとこの近く、車で5分もかからないところにあります。
a0124543_17523991.jpg

[PR]

うれしい便りが・・・

a0124543_21241225.jpg
先日、うれしい便りが届きました・・・熱心な神奈川県の方が・・・
一閑張り講座の、大崎ウエストギャラリーの冬の陣を受講されて・・・「これは、一回受講したぐらいでは、身に着かない・・・」と言われて、地元(泉佐野)開催の一閑張り特別講座2回シリーズを、2回とも受講されました。そして先日、絵手紙をするところで、展示会をされ、一閑張りも出品されたそうです。そしたら、「やりたい!」という方が何人かおられて、「教室をしてみようかと話しています!」と、便りをいただきました。素晴らしいことで、熱心に神奈川県から、泉佐野まで通われて・・・その熱意!努力!行動力!すばらしいことと、大変うれしくなりました。ぜひ!「一閑張り」を通して、楽しんでいただき、充実した日々を重ねて頂き、より心豊かな人生を!と念じています。「小さく産んで大きく育て!」じっくり、ゆっくり・・・
a0124543_2135289.jpg
a0124543_2143596.jpg
a0124543_2154135.jpg
a0124543_2181841.jpg
a0124543_2184230.jpg
a0124543_219479.jpg

先日の教室では・・・潮美ちゃんからのお便りを、まねて・・・アジサイを皆さんと作らせていただきました。潮美ちゃんは、いつも参考になるお便りを届けて頂いて、感謝しています。
a0124543_21133467.jpg

a0124543_21141063.jpg
a0124543_21144079.jpg
a0124543_21151166.jpg
a0124543_21153987.jpg
a0124543_2116588.jpg
a0124543_21162710.jpg

これは↓ポンポコちゃんのご指導です・・・
a0124543_2127344.jpg

それから・・・80cm農園は、グングン大きくなってきました。さすが超自然栽培法(有機栽培+EM)です!
a0124543_21195334.jpg

a0124543_21202025.jpg
a0124543_21214039.jpg
a0124543_212212100.jpg
a0124543_21223895.jpg

[PR]

東京;大崎ウエストギャラリーの講座の準備です。

一閑張りの準備です・・・昨年より、まとめ注文し、仕入れていた、百均のザルです。

a0124543_19373280.jpg

これから、下地を整えていきます。こんな突起物を全て取り除いていきます・・・
a0124543_19411251.jpg

とげのようなものがあれば、密着が、うまくいかないので、取り除かないと・・・
a0124543_1949320.jpg

表面処理もしっかりと・・・(ペーパーがけ)数が半端じゃないからやりがいがあります。
a0124543_2001117.jpg

その間・・・車で30~40分のところへ「新春の集い」の看板の依頼があり、明日は雪が積もるという事なので今日のうちにと、会場の神社様に、ご無理をお願いして設置させていただきました。これで安心できます。みやちゃんも出席させていただくのですが・・・
a0124543_2061871.jpg

帰ってきて・・・引き続き、密着力UP・あく止め・吸い込み止め・強度UPの為・・・下地処理剤をしっかりと編んでる奥まで塗ります。
a0124543_2010077.jpg

a0124543_20125437.jpg

今日は、風が強く、低温なので、部屋(招福画廊)へ入れて、業務用エアコンで、乾燥させています。
これから、再点検をし、うまくいかないようなところを、補修します。それが出来たら、初めて紙を貼っていきます・・・これまでの工程が一番大事と思っています。ペンキと同じで、乾くときの「引っ張り強度」に、いかに対抗できる下地を作るかによって、仕上がりが値打ちのあるものになるか、そうでないのか決まります。手間がかかりますが・・・一閑張り講座;今年は、大崎さんに引き続き、(泉佐野で)4月に2回の開催をいたします。みなさんよろしくおねがいいたします。
[PR]

第2回一閑張り特別講座がスタート・・・

第2回一閑張り特別講座がスタート・・・しました。
生涯学習センター3F美術室にて、広いところで、ゆったりとでき、ありがたかったです。
皆さんがそれぞれ、お気に入りのザル・籠・箱などを持ち寄って・・・
只今、下地処理中・・・↓大事な工程で、欠かせません。

a0124543_19295450.jpg

続いて・・・シーラー代わりの下地処理です。↓これも欠かせません。みやちゃんは、労働大臣認定の一級塗装技能士ですので、その説明・解説は説得力があります。もちろん主婦の皆様にわかりやすい言葉・内容でお伝えさせていただいています。
a0124543_19333250.jpg

デッカイ箱、お茶の入れ物だそうです。下地処理中・・・特に木板は念入りにしないと、灰汁・浮きが出てきます。浮き対策は、これでもか、これでもかと、柿渋で仕上げるまで、気が抜けません。浮いてしまったら、何の値打もありませんので・・・(柿渋の塗り方によっては、ちゃんと貼れてても浮かすことがあります=乾くときの引っ張り強度が悪さをします。)
a0124543_19382262.jpg

こういう形は、強度計算をしながら和紙の形・重ねを決めていきます。
a0124543_19404885.jpg

こんな籠は、↓裏と表の和紙の間に空間が生じやすいので、なるべく少なくする工夫をしながら・・・兵庫県川西市からのご参加です。
a0124543_1944466.jpg

この形は、↓表・裏の和紙通しがくっつきますので、浮く可能性は少ないですが、油断は禁物です。
a0124543_19462820.jpg

立派な籠ですねぇー!大きいので、しっかり張りましょう!
a0124543_19481347.jpg

この淵のきわが、問題です。120%で、ちょうど良いですね!しっかり抑え込みましょう!堺からのご参加です。
a0124543_1949852.jpg

これも、立派な籠ですねぇー!↓しっかり、網目に入れて、網目模様を活かしましょう!
a0124543_19515622.jpg

a0124543_19525835.jpg

超薄い和紙で、張られています。薄い和紙だから、細かい網目が残り、仕上がりが楽しみです。
a0124543_1954697.jpg

みやちゃんの、お伝えした通りにきっちりと張っていただいています。すばらしい!越前和紙の里で求めたものを使用していただいています。
a0124543_1958316.jpg

岬町からご参加のYさん、男性です。
a0124543_19574461.jpg

a0124543_19543879.jpg

泉大津からのご参加、緻密な作業ですが楽しんでおられます。前回も参加いただきました。
a0124543_19583167.jpg

狭い隙間も、へらで・・・すごい!すごい!
a0124543_2013896.jpg

日本の古来より伝わる・・・竹細工・和紙・糊・柿渋・・・日本人の体に染み込んでいるようで、皆さんとても楽しんでおられました。次回は、文字・絵・柿渋・・・です!がんばれえぇ~!!
[PR]

2回シリーズの2回目

「一閑張り」特別講座2回シリーズの2回目です!
泉の森の生涯学習センター3F工芸室で・・・
桜は、ほとんど散っていましたが、良い天気に恵まれました。

a0124543_19144558.jpg

宿題、「和紙を2回目まで張ってくる!」ということでした。・・・仕上がりが心配でしたが、皆さん完璧にきっちり2回目が仕上がっていました。みやちゃんの張ったものよりもきれいに仕上がっていました。そこで、第一回目の講義で、めくれ・浮の原因となる「下地処理の大切さ・引っ張り強度理論」を、実験を交えて厳しく徹底してお伝えしたことが、ちゃんと伝わっていたのだと、安心しました。たたいても「カンカン!」と、硬い金属音が帰ってきます。「すごい!みなさん一閑張りの指導者になれる!」って・・・
第2回目は、文字・絵を描いて、柿渋を1回目まで・・・という事で、みやちゃんの実演です。「これは、越前手すき和紙で、仕上げました。光沢があって、本物は良いですねぇー!」と言いながら・・・
a0124543_1932437.jpg

a0124543_1933766.jpg

a0124543_19334649.jpg

a0124543_19372260.jpg

a0124543_19404261.jpg

a0124543_19412323.jpg

反対側も・・・
a0124543_194332.jpg

「夢」の中の「四」の左上の隅を開けることで、「そこから、良い事とかが入ってきて、下の隅を締め切っているので、出て行かない!」なんて言いながら・・・
a0124543_19455373.jpg

さぁー!みなさんが、描き始めます・・・!
a0124543_19491546.jpg

a0124543_1951311.jpg

若いおかぁさんは、こんなのを・・・
a0124543_1952289.jpg

a0124543_19531116.jpg

柿渋塗りも始まりました。塗り方に要注意です。柿渋の塗り方によっては、浮きの原因になりますので・・・
a0124543_19542966.jpg

良い感じになってきました。2回目は、あわてて塗るとうまくいかないので後日にしましょう!
a0124543_19575768.jpg

布なども張っておられます。
a0124543_19583350.jpg

a0124543_1959633.jpg

他の教室で作った一閑張り(左)を、持参いただきました。ほとんど浮いています。もったいないですね。
a0124543_201391.jpg

30分前に、片づけをしていただき、お一人お一人に、体験感想を発表していただきました。
「基本をしっかりと理解できてよかったです。」
「一閑張りが楽しく、面白くはまりそうです!」
「以前ペットラをブログで見ましたが、ペッ羊をやってほしいです!」
「今度、こんな講座があったら、是非!参加したいです!」
いろいろ発表していただきました。次は5月に「泉の森;市民ギャラリー展」、6月に「堺市立みはら歴史博物館での展示・体験教室、あわせて、館内にある「カフェ風遊(ふらり)での個展・小物販売そして17日の講演・ライブ・講座」です・・・よろしくお願いします!
a0124543_20252395.jpg

一閑張り、2回にわたって受講していただき、お疲れ様でした。感謝をこめて・・・
a0124543_2081622.jpg

[PR]

一閑張り講座が・・・

一閑張り特別講座2回シリーズの1回目が、先日泉の森;生涯学習センターにて開催されました。
講師は、日本一閑張協会の宮脇泰彦が担当させて頂きました。18年ぐらい前から教室等で一閑張りに取り組むようになって・・・旧近鉄カルチャー和歌山では、一年間「一閑張り教室」を担当させて頂き、発表展示会では、素晴らしい作品が並び、愛好家の皆さんにもご覧いただきました。しかし、受講された方、また絵手紙教室で取り組みもしましたが・・・その受講された方々が、他の方たちに教えておられるのですが・・・その方たちから、「どうもうまくいかない、あとで浮いてくる」等々の声がありました。みやちゃんの一所懸命の講義も、「うまく伝わらないもんやなぁー!」と、思っていました。また泉南市のKさんからは、何年も前から・・・数人の皆さんが「教えてほしい!」と言っているからとか・・・また、堺のOさん、Sさんたちも同じようなことを言われていました。
以前にも、高知、千葉のほうへ指導に行かせていただきました。姫路ではKさんが、福山ではWさんが、高知では、りくちゃんが、すごく頑張っておられます。尾道では、ベテランのEさんが頑張っておられます。日本一になった一閑張りを診ていただいたこともあります。「よくできています!」とのお言葉をいただきました。
・・・と、いうわけで・・・一回目の様子です・・・生涯学習センター3F工芸室
会場の廻りは、花盛り・・・

a0124543_943877.jpg

以前は木が小さかったんですが、年々大きくなって・・・立派な名所になりつつあります。
a0124543_953878.jpg
a0124543_961432.jpg

兵庫県・和歌山県・大阪・堺・泉大津・・・遠方からもお越しいただきました。
a0124543_92428.jpg

a0124543_9301096.jpg

「下地処理」が一番大事という事で、その中でも、「灰汁」のお話、その対策を実物を見ていただきながら説明をさせて頂きました。「素地調整」→「目荒らし」・・・この目荒らしと『浮き』との関係を、実物を見ていただき、目の前で実証させて頂きました。「国家資格一級塗装技能士」を生かして・・・とっても大事な部分ですので、繰り返し大きな声で、しっかりとお伝えしました。
a0124543_9422149.jpg

皆さん一所懸命です!10時~15時と、ゆっくりできると思っていたのですが、あっという間に時間がたって、全く足りませんでした。次の使用が決まっているのであわてて片づけました・・・次回が楽しみです!
a0124543_9481347.jpg

「柳ごおり」って言うのでしょうか?古いよれよれをいただいて、改良・補強をして仕上げました。もう10年ぐらい使っていますので、よく当たるところが剥げていますが、修理OKですので・・・
*それからこれは、コンクールで、日本一になった「一閑張り」です。↓(応募総数741点)
a0124543_953611.jpg

直径1400㎜、自分で竹を割って、編見上げた大き目のざるです。楮の繊維の和紙2重張りで、表裏の作品で、コンクールの会場では、空間;立体展示していただきました。現在、みやちゃんのふるさとの、香住の「ほっと蔵」にて、展示されています。先日帰郷した時には、外に向けて2m角のシャコの作品も、展示していただいています。(みやちゃんが漉いた継ぎ目なしの紙に描いています)
a0124543_1015345.jpg

未知への挑戦!ってたのしいですね!日本海のほうへ旅をされましたら、一度お立ちより下さい。開館時は美人のSさんが、おもてなししていただけると思います。
[PR]

ペットボトルのとらたち

ペットラの親子がそろいましたよ!

a0124543_1414622.jpg

ガオォォ~~!!
a0124543_14141785.jpg

曲がっているのは、ペットボトル2個を使っています。
a0124543_14155152.jpg

[PR]

,