カテゴリ:禊(みそぎ・水行)( 4 )

伊勢へ・・・2日目

どーん!ドーン!!と太鼓の音! 「おはようございます!」 「おはようございます!」・・・
5:30 2日目がスタートしました。イッチニィ!・イッチニィ!乾布摩擦で始まりました。
洗面等を済ませて・・・正装で、大講堂集合・瞑目正座・お話の後・・・
外で整列!内宮の特別参拝です。まだ、薄暗い中を・・・

a0124543_2144030.jpg

橋が霜でビッシリです。滑らないように、敷物の上を歩きます。
a0124543_2183878.jpg

a0124543_2194536.jpg

五十鈴川です。ここは橋より上流で、神聖な領域です。
a0124543_2112357.jpg

女性を前にすすみます。ザッ・ザッと玉砂利の心地良い足音が、「耳潅ぎ」を・・・
a0124543_21153745.jpg

参拝の前に、お清めです。
a0124543_21181091.jpg

ご指導を受けます。
一礼、左手で水を汲み、右手を清め持ち変えて、左手を清め、その左手に水をそそぎ口を清めます。そして口に触れた左手をもう一度清め、最後に、柄杓を立て、残った水で、柄の部分を洗って、収めて、一礼。
今回は、最低気温が零下5度の予報が出ていましたので、男性もコート・マフラーとかOKです。みやちゃんは20年近く来ていますが、初めてのことで、ありがたかったです。
a0124543_21245742.jpg

だいぶ明るくなってきました。無言で進みます。ザッ・ザッと玉砂利の心地良い音が、更に更に、心を清めてくれています。
a0124543_21282462.jpg

ここから先は、撮影禁止となっています・・・
a0124543_2130673.jpg

お払いを受け、垣根の中まで入れていただき・・・ひざまづき、二礼二拍手一礼・・・参拝を済ませて帰る途中・・・やっと陽が昇ってきたようです。
a0124543_21342424.jpg

巫女さんたちが、早朝よりお掃除です。素手で雑巾がけをされています。零下?度のなかを・・・
a0124543_21365220.jpg

a0124543_21372651.jpg

a0124543_21384091.jpg

a0124543_21391955.jpg

こちらでも、掃き清めておられました。スゥーッとして、きれいな竹箒です。
a0124543_2147860.jpg

橋の欄干?も、霜がビッシリ!、こちらは、五十鈴川の下流方向です。ずうーっと向こうの淵になっているところで、水行が行われました。
a0124543_21503577.jpg

鳥居をくくるときは、一礼をして・・・
a0124543_21512356.jpg

研修センターへ帰り、朝食を頂き、講演等・館内清掃・閉校式を終え・・・みやちゃんは、お昼を、ちょっと穴場のおいしいお店で、ごほうびに、好物を注文、それから地酒を少々・・・一人、達成した喜びをかみ締め、祝杯をあげました。・・・そして・・・「おはらい町」へ、いつもにぎやかです!
a0124543_2159817.jpg

毎年寄せていただき、おばぁちゃんがこころよく迎えてくれて、お茶を頂き休憩をさせて頂く生姜糖のお店「喜久屋」さんに今回も立ち寄りますが・・・様子がおかしい・・・おばぁちゃんがいない・・・娘さんらしき方が、おばぁちゃんは昨年夏に人生を卒業されました。とのこと、みやちゃんはショック!残念です!・・・
気をとりないおして、いつもの通り荷物を預けて・・・散策に出ました。おはらい町からおかげ横丁へ
a0124543_2295780.jpg

a0124543_22103455.jpg

a0124543_22114517.jpg

a0124543_22123169.jpg

a0124543_22132585.jpg

a0124543_22254913.jpg

そして・・・心地良い疲労とともに、伊勢をあとに・・・
a0124543_22264394.jpg

a0124543_22272038.jpg

無事に、達成でき・・・又来年もお世話になれたらいいなぁー!そんな思いで、事務所に、着いて・・・お世話になった方へお礼状を書いていましたら・・・夜遅く電話が鳴って・・・お得意先のご主人が・・・「雨戸がしまらないので見て欲しい!大工さんに言ったがあすにしてくれと言われて・・・」と・・・さっそく出かけていきました・・・応急処置をして、明朝、専門のアルミサッシのお店(親戚)、「㈱ムロヤ」さんに連絡をしました。「一件落着!」です。  今日は少し暖かい。おやすみなさい・・・
[PR]

伊勢へ

土・日と、みやちゃんは、ちょっと伊勢まで・・・お出かけでした・・・

a0124543_19253083.jpg

土曜日の朝・・・いつものようにJRでと、駅の改札へ行きました。すると様子がおかしいのです。早朝より信号機のトラブルで、運転していないとのこと。復旧は?いつまでかかるか分りません。

「えらいこっちゃ!」近鉄特急に遅れる・・・すかさず、みやちゃんは駐車場に戻り→私鉄(南海電車)へビューン→りんくう公園駅から難波へ出ました・・・そして、頑張って歩いてやっと、近鉄電車へ・・・特急で伊勢へ・・・
a0124543_19383144.jpg

いつも、お返事を書けていない方へ、名前・住所・切手は、準備をしておいて電車中で、書かせていただいてるのですが・・・今回は、67枚もあって・・・
みやちゃんは、南海電車から書き始めまして・・・精一杯描きましたが・・・少し残りました。続きは研修センターで書きあげました。「複写はがきの控え」(坂田道信先生)を使わせていただいていますが、今回で一万枚を越えました。コツコツと積み上げて・・・
a0124543_19452031.jpg

途中・・・外を見ましたが・・・大雪です!吹雪のところもありました。
今夜は、「水行」ドボン!だいじょうぶかなぁー!!
a0124543_19484696.jpg

精一杯、「複写はがき」を書いていましたので、アットいう間に「宇治山田駅」に到着です!
a0124543_19523273.jpg

内宮行きのバスに乗って・・・「外宮」の前を通って・・・
a0124543_19542969.jpg

バスを降りて・・・この、左の坂を上って行きます・・・
a0124543_19562869.jpg

いつも、真っ赤な、かわいい椿の花が出迎えてくれます。
a0124543_2064327.jpg

a0124543_1957543.jpg

階段を登って・・・
a0124543_2010527.jpg

道場(大講堂)の前を通って・・・
a0124543_20111395.jpg

到着です。玄関から入ると、「お帰りなさーい!」の声で、お出迎えいただきます。
公益財団法人修養団(SYD)伊勢青少年研修センター(文部科学省所管)明治時代から続く社会教育団体でボーイスカウトとかの原点になった団体で、有名な方も参加されています。(松下幸之助・野田総理も・・・オリンピック選手とかも)
a0124543_2013263.jpg

今回は、百数十名の参加です!全国から・・・女性も含め、若い方が多いいです。(笑)
a0124543_2021247.jpg

手前の太鼓でも大きいのに、後ろの「日本号」は、天井に届くぐらいでっかい!
開校式、この太鼓が「ドーン!」となって、始まります。瞑目正座で聞きますから、なれていないとビックリして飛び上がります。おなかにズッシーン!と響きます。
a0124543_20323623.jpg

各種の講習を受けて、いよいよ、夜もふけて・・・「水行」です。さすがにカメラをさげていく余裕はありませんので画像なしです。外気温が零下の中・・・道場より、素足にビーチサンダルを履いて、(男性は下着の下にすでに褌をつけてあります)五十鈴川へと、無言でむかいます。河原で、脱衣、いよいよです。肌はぴりぴり・・・
古式にのっとって行います。みやちゃんは「この年で・・・」と心配しましたが・・・38歳(1990年)から(途中3~4年あいています)来ていますが、今年は、一番充実した内容でした。首までつかって、しばらくして、全身の力を抜いて水の冷たさ痛さと一体になれました。すごく気持ちがよいというか・・・ちゃんと、明治天皇の和歌も朗詠できましたし・・・しかし水からあがると、きびしいです。褌を取って、かじかんだ手で搾るんですが、固く絞れないので、河原の小石が凍り付いてとれません。身体を拭くのですが、シャーベット状になって、葺けているのかどうか分りません。葺けたことにして着衣、空を見上げると『満天の星』北斗七星・北極星・・・いつもより更に大きく見え、感じます。達成できた喜びが、涙となってあふれます!又、来年もやれる・・・!
このあと、五十鈴川に一礼して道場へ、道場では、古式のっとって『直会』(なおらい)が行われ・・・赤福を頂きお風呂で、よおーーーく! 温まって、11:45消灯です。明朝は、5:30に、太鼓の音でスタートです。おやすみなさい。多くの方に守られて無事に終えられました。感謝いたします。
*今、事務所で暖房ナシで、入力していますので冷えてきました。二日目は後日に・・・
[PR]

今年も・・・

今年も、一泊二日の「みがく特別講習会」(SYD)に行ってまいりました。この雪で心配しましたが、先ほど無事に帰ってきました。

a0124543_18583829.jpg

雪解け水の「五十鈴川」です。このちょっと左に曲がって少し深くなっているところで、行なわれています。
a0124543_1905159.jpg

土曜日の夜に行なわれましたが、風もあって、やりがいのある水行となりました。みやちゃんは、毎年いらん力を抜いて、川の流れと一体になれたらと思っています。今年は30%ぐらい達成できたかな、と思います。あとは冷たさを通りこした痛さと戦っています。(笑)でも30%の中ではすごく、「シィーンとなんともいえない世界」がありました。100%だったら素晴らしいなと思うのですが・・・又出来たら来年に、と思っています。
「水行」の翌朝(今朝)は、5:30太鼓の音とともに起床し、乾布摩擦後、洗面等を済ませ、内宮の特別参拝です。所々雪が残る中を進みます。今回は、91名・内女性20名で、3列で玉砂利の上を進みます。
a0124543_19135277.jpg

空気が、ピィーンと張り詰めたなかを・・・手・口(心)を清めて・・・特別参拝二礼二拍手一礼・・・
a0124543_19163974.jpg

参拝を済ませて、帰る頃、朝日が昇ってきます。
a0124543_1918122.jpg

a0124543_1919383.jpg
a0124543_19195359.jpg

a0124543_1920386.jpg
a0124543_19213435.jpg

だんだんと、観光客の皆様もふえてきました。
a0124543_19224368.jpg

大講堂です。文部科学省所管ですので、変なところではありませんので、ご安心を・・・
a0124543_19242590.jpg

葉書の木です。子供さんたちの講習会のときには、木の葉をそのまま葉書として、切手を貼って〒するそうです。葉にそのまま書き込みます。本宮大社でもありました。
a0124543_19273141.jpg

一階が事務所食堂等・2階から宿舎になっています。数百人?泊まれるようになっているみたいです。
皆様も、一度参加されては・・・「SYD]で、検索してください。今回、絵てがみ関係者は、「すみちゃんの絵てがみ塾」より10数人が参加されておられました。高知からですから半端じゃぁないです。
a0124543_19302595.jpg

今年も、無事済ますことが出来、さわやかな気持ちで、皆様と接することができたら・・・と思っています。

11日建国記念の日には、本部(東京)にて、105TH記念式典のなかで、功労者として感謝状をいただきました。
a0124543_19373492.jpg

[PR]

年に一度の・・・

おやおや・・・また、みやちゃんがお出かけですよ!
その前日だったでしょうか・・・後方の「犬鳴き山」より、ありがたい太陽の光が・・・「行ってきなさい!」とでも言うように、パァーーッとあらわれました。思わず・・・合掌!

a0124543_18191090.jpg

いつもの駅から・・・「黒潮号」です!
a0124543_18201921.jpg

そして、近鉄特急「伊勢志摩ライナー」で一駅・・・「宇治山田駅」に・・・
a0124543_1839332.jpg

そして、いつもの坂をテクテクと上がれば・・・白梅が出迎えてくれました。
a0124543_18232763.jpg

大講堂の前を通って・・・(文部科学省所管㈶SYD)玄関へ・・・
a0124543_1826819.jpg

SYD(修養団)→明治時代から、ずぅーっと続いている社会教育団体です。
そのそばには大きな石碑が・・・創立者の蓮沼門三先生の「誓願」が刻まれています。
a0124543_18282975.jpg

この大きな「ソテツ」でしょうか・・・明治時代からあるのでしょうか?
a0124543_18334286.jpg

伊勢の内宮の近くの町並みです。この中を「五十鈴川」が流れていて、その中で夜、「禊」が行なわれます。
この冬一番の寒気団、風もきつく、雪がちらちらしていて、やりがいのある講習会となりました。
a0124543_1838725.jpg

今回は、各地より女性を含む50名の参加やでした。これは、今朝6時すぎぐらい・・・水行を無事に終えて早朝の特別参拝に向かうところです。空気がピィーンと張り詰めています。
a0124543_18452049.jpg

参拝が終わったころ、やっとお日様が顔を・・・
a0124543_18464551.jpg

橋が新しくなって、ヒノキのよい香りが漂っています。おっ!これは高知ご一行様の代表のようです。
a0124543_18491627.jpg

朝早いので、このような写真になります。鳥居をくぐるときは、軽く一礼をしてとおります。
a0124543_19123119.jpg

おかげ横丁につながる通りは、いつも、にぎやかです。
a0124543_18541624.jpg

毎年、立ち寄る生姜糖のお店「喜久屋」のおかあさんです。勝手にそう呼ばせていただいています。今年も高知のS先生とともに、割れた安い方を、しこたま購入しました。「いつも忘れずに、ようきてなぁ・・・」といって話に花が咲きます。お礼にしばらく、店頭にたって呼び込みというか・・・「いらっしゃい!おいしい生姜等ですよー!昔なつかしい生姜等!一度味見してください!・・・」と、大きな声で、わぁーわぁーいいますと、沢山の人が寄ってきてくれます。おもしろくて、年配の方でも、「お姉さん!どこから来られましたか?」なんていうと「愛知から・・・」とか・・・で・・・みやちゃんはあっちこっちの方と絵手紙のやりとりをしていますので、すかさず「愛知やったら、三好町とかあるでしょう?そこにともだちがぎょうさんいてんねん!」なんて、楽しい会話も飛びたして・・・あかぁさんに「来年も来れるよう頑張るからね・・・」って言って帰路につきました。
a0124543_19103087.jpg

[PR]

,