年に一度の・・・

おやおや・・・また、みやちゃんがお出かけですよ!
その前日だったでしょうか・・・後方の「犬鳴き山」より、ありがたい太陽の光が・・・「行ってきなさい!」とでも言うように、パァーーッとあらわれました。思わず・・・合掌!

a0124543_18191090.jpg

いつもの駅から・・・「黒潮号」です!
a0124543_18201921.jpg

そして、近鉄特急「伊勢志摩ライナー」で一駅・・・「宇治山田駅」に・・・
a0124543_1839332.jpg

そして、いつもの坂をテクテクと上がれば・・・白梅が出迎えてくれました。
a0124543_18232763.jpg

大講堂の前を通って・・・(文部科学省所管㈶SYD)玄関へ・・・
a0124543_1826819.jpg

SYD(修養団)→明治時代から、ずぅーっと続いている社会教育団体です。
そのそばには大きな石碑が・・・創立者の蓮沼門三先生の「誓願」が刻まれています。
a0124543_18282975.jpg

この大きな「ソテツ」でしょうか・・・明治時代からあるのでしょうか?
a0124543_18334286.jpg

伊勢の内宮の近くの町並みです。この中を「五十鈴川」が流れていて、その中で夜、「禊」が行なわれます。
この冬一番の寒気団、風もきつく、雪がちらちらしていて、やりがいのある講習会となりました。
a0124543_1838725.jpg

今回は、各地より女性を含む50名の参加やでした。これは、今朝6時すぎぐらい・・・水行を無事に終えて早朝の特別参拝に向かうところです。空気がピィーンと張り詰めています。
a0124543_18452049.jpg

参拝が終わったころ、やっとお日様が顔を・・・
a0124543_18464551.jpg

橋が新しくなって、ヒノキのよい香りが漂っています。おっ!これは高知ご一行様の代表のようです。
a0124543_18491627.jpg

朝早いので、このような写真になります。鳥居をくぐるときは、軽く一礼をしてとおります。
a0124543_19123119.jpg

おかげ横丁につながる通りは、いつも、にぎやかです。
a0124543_18541624.jpg

毎年、立ち寄る生姜糖のお店「喜久屋」のおかあさんです。勝手にそう呼ばせていただいています。今年も高知のS先生とともに、割れた安い方を、しこたま購入しました。「いつも忘れずに、ようきてなぁ・・・」といって話に花が咲きます。お礼にしばらく、店頭にたって呼び込みというか・・・「いらっしゃい!おいしい生姜等ですよー!昔なつかしい生姜等!一度味見してください!・・・」と、大きな声で、わぁーわぁーいいますと、沢山の人が寄ってきてくれます。おもしろくて、年配の方でも、「お姉さん!どこから来られましたか?」なんていうと「愛知から・・・」とか・・・で・・・みやちゃんはあっちこっちの方と絵手紙のやりとりをしていますので、すかさず「愛知やったら、三好町とかあるでしょう?そこにともだちがぎょうさんいてんねん!」なんて、楽しい会話も飛びたして・・・あかぁさんに「来年も来れるよう頑張るからね・・・」って言って帰路につきました。
a0124543_19103087.jpg

[PR]

Commented at 2010-02-08 00:55 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by taizanslog at 2010-02-12 19:13
ゆきもち草 さん こんばんわ!
そうなんです、出来るだけそのとき、その場で、一所けんめいと言うか、楽しめたら・・・なんて思っています。ゆきもち草さんがどんな方だったかなぁーって思い出しているんですが・・・

<< 山田家住宅の絵手紙展 , 無事に・・・ >>