みやちゃんの竹ペン

「みやちゃんの竹ペン」のご注文を、遠方よりいただきました。お逢いしたことのない講師の方からです。
それで・・・みやちゃんが、がんばって作りました・・・
*以前、「竹ペンやさん」から、取り寄せたのですが・・・不良品が多く・・・これやったら、みやちゃんが作った方が、よいものが出来る。と思ったのが始まりです。
*不良品→どこが不良なのか・・・まず、先が万年筆のように、穴が開いていて、先端の中央から、割れ目がその、小さな穴に当たっていなければ意味がないのに、穴を外れている。そして、その先端は、先っちょの中央でなかったら、ダメで、それが中央から大きく外れている。→話にならない。

で、まず・・・竹を・・・山のおっちゃん(80歳)とこへ出かけていきました。なんと「40~50年前に伐った」という、貴重な竹です。伐る時期が良かった為、40~50年寝かしてあった物が、虫ひとつ食っていない立派な代物です。
*そうじから・・・皮を取って・・・

a0124543_19374791.jpg

皮がなくなって、すっきり・・・
a0124543_19382419.jpg

次は・・・この、黒い、コテコテの汚れを、洗剤・マジックロンで洗浄します。
a0124543_19411835.jpg

見事なあめ色といいますか、立派な肌が現れました。節と節の間隔も長く、全長は4,5mあります。
a0124543_19444693.jpg

きれいになった竹を、仕上がりより少し長めにカットします。
a0124543_19461089.jpg

「良い竹ペンができるぞぉー!」と、ワクワクします!!
a0124543_19464423.jpg

小刀で、先っちょを、形作りします。長めに・・・
a0124543_19484384.jpg

a0124543_19501184.jpg

そして、万年筆のように、電動ドリルで、小さな穴を開けます。(直径1ミリ)
a0124543_19532211.jpg

a0124543_19541540.jpg

そして、ここが職人技!これがうまく行ってなかったら、竹ペンでの値打ちは皆無です。
竹の目を読んで・・・1ミリの穴の中央部へ割れ目が行くようにします。
a0124543_19571461.jpg

内側の皮膜を掃除してきれいにしてから・・・
a0124543_2003348.jpg

先っちょを、整えます。(先っちょの中央に割れ目が来るように、厚みを配慮した中央です)
a0124543_195992.jpg

ペーパー(180~240番)で、和紙に引っかからないように、最終仕上げをします。
a0124543_2022247.jpg

そして、模様和紙で、おめかしして、仕上がりです。あとは、詳しい、取り扱い説明書、ペーパーをつけて包装して・・・仕上がりです。
a0124543_2071042.jpg

a0124543_20215452.jpg

a0124543_20223636.jpg

・・・で、どんな仕上がり具合か、みやちゃん自身が、試し描きをしました。
もう!すばらしいーー!自画自賛・・・本当に素晴らしい描き味です!!
・・・で、生徒さんたちにも、使ってもらいました!ジャぁーん!
a0124543_2026679.jpg

太いのが、安定して使いやすい!という方と、細目が良い!と好みがいろいろですが、先端部分は、大体同じです(笑)
a0124543_20283991.jpg

「高知の蔵出し和紙」を使って、タペストリーを、「みやちゃんの竹ペン」で・・・
a0124543_20305038.jpg

参考のため・・・取り扱いの説明をさせて頂きます・・・
「みやちゃんの竹ペン」
みやちゃんが、近くの里山の竹で作りました。「墨の持ち」をよくする為に、ペン先が万年筆のように(割れている)なっています。使い方・手入れ方法を、よく読んでお使いください。
・竹ペンは、鉛筆持ちでよいでしょう。軽く持ち、立てたり回したりしても、おもしろい線が得られます。
・くれぐれも、強く押し付けるようにしないでください。画仙紙がめくれたり、ペン先が折れたりします。
 力まず、触れるか触れないか、紙との接点に気持ちを集中し、じっくり移動してください。
・使った後は、次回のために、水洗いをして、ティッシュなどでふき取って乾かしておいてください。時々同封のペーパー(紙やすり)で、軽く調整していただくとうまくいきます。
・また、長く使うと先が磨り減って、割れ目が中央からずれてきますので、「紙やすり」で調整してください。
・墨は絶えず(繰り返し)つけるようにするとよいでしょう。市販の墨汁・墨液が、穂先によくからんで、扱いやすいという先生もおられます。
・最初のスタートの時にボタッと太くなるのが特徴で、細くしたいときは、墨を硯上で少なくしてから始めてください。末永く可愛がってやってください。

*不良品がありましたら申し出てください。お取替えいたします。FAX072-468-0788宮脇まで・・・

・・・味のある、良い絵・文字が出来上がりますように、お祈りしています。
[PR]

Commented by 吉川 at 2012-12-22 15:20 x
吉川と申します是非竹ペンの購入をさせていただきたく連絡差し上げてます 私のメールアドレスですが恐れ入ります 購入希望します
doraneco3@gmail.com
Commented by みやちゃん at 2012-12-24 09:28 x
吉川 様
おはようございます。
ありがとうございます。
どうぞ、宜しくお願いします。
メールさせていただきます。
Commented by サリー at 2013-07-06 02:23 x
以前からペンを探しておりました!
私にも売って頂けないでしょうか?
購入希望です、宜しくお願いします
アドレス書いておきますのでご連絡お願いします

totoro7788@mail.goo.ne.jp
Commented by みやちゃん at 2013-07-17 19:06 x
気付くのが、今になりました。申し訳 けございません。
さっそくメールさせていただきました。

<< 新しい事に・・・ , 「青空わくわく祭り」 >>