伊勢へ

土・日と、みやちゃんは、ちょっと伊勢まで・・・お出かけでした・・・

a0124543_19253083.jpg

土曜日の朝・・・いつものようにJRでと、駅の改札へ行きました。すると様子がおかしいのです。早朝より信号機のトラブルで、運転していないとのこと。復旧は?いつまでかかるか分りません。

「えらいこっちゃ!」近鉄特急に遅れる・・・すかさず、みやちゃんは駐車場に戻り→私鉄(南海電車)へビューン→りんくう公園駅から難波へ出ました・・・そして、頑張って歩いてやっと、近鉄電車へ・・・特急で伊勢へ・・・
a0124543_19383144.jpg

いつも、お返事を書けていない方へ、名前・住所・切手は、準備をしておいて電車中で、書かせていただいてるのですが・・・今回は、67枚もあって・・・
みやちゃんは、南海電車から書き始めまして・・・精一杯描きましたが・・・少し残りました。続きは研修センターで書きあげました。「複写はがきの控え」(坂田道信先生)を使わせていただいていますが、今回で一万枚を越えました。コツコツと積み上げて・・・
a0124543_19452031.jpg

途中・・・外を見ましたが・・・大雪です!吹雪のところもありました。
今夜は、「水行」ドボン!だいじょうぶかなぁー!!
a0124543_19484696.jpg

精一杯、「複写はがき」を書いていましたので、アットいう間に「宇治山田駅」に到着です!
a0124543_19523273.jpg

内宮行きのバスに乗って・・・「外宮」の前を通って・・・
a0124543_19542969.jpg

バスを降りて・・・この、左の坂を上って行きます・・・
a0124543_19562869.jpg

いつも、真っ赤な、かわいい椿の花が出迎えてくれます。
a0124543_2064327.jpg

a0124543_1957543.jpg

階段を登って・・・
a0124543_2010527.jpg

道場(大講堂)の前を通って・・・
a0124543_20111395.jpg

到着です。玄関から入ると、「お帰りなさーい!」の声で、お出迎えいただきます。
公益財団法人修養団(SYD)伊勢青少年研修センター(文部科学省所管)明治時代から続く社会教育団体でボーイスカウトとかの原点になった団体で、有名な方も参加されています。(松下幸之助・野田総理も・・・オリンピック選手とかも)
a0124543_2013263.jpg

今回は、百数十名の参加です!全国から・・・女性も含め、若い方が多いいです。(笑)
a0124543_2021247.jpg

手前の太鼓でも大きいのに、後ろの「日本号」は、天井に届くぐらいでっかい!
開校式、この太鼓が「ドーン!」となって、始まります。瞑目正座で聞きますから、なれていないとビックリして飛び上がります。おなかにズッシーン!と響きます。
a0124543_20323623.jpg

各種の講習を受けて、いよいよ、夜もふけて・・・「水行」です。さすがにカメラをさげていく余裕はありませんので画像なしです。外気温が零下の中・・・道場より、素足にビーチサンダルを履いて、(男性は下着の下にすでに褌をつけてあります)五十鈴川へと、無言でむかいます。河原で、脱衣、いよいよです。肌はぴりぴり・・・
古式にのっとって行います。みやちゃんは「この年で・・・」と心配しましたが・・・38歳(1990年)から(途中3~4年あいています)来ていますが、今年は、一番充実した内容でした。首までつかって、しばらくして、全身の力を抜いて水の冷たさ痛さと一体になれました。すごく気持ちがよいというか・・・ちゃんと、明治天皇の和歌も朗詠できましたし・・・しかし水からあがると、きびしいです。褌を取って、かじかんだ手で搾るんですが、固く絞れないので、河原の小石が凍り付いてとれません。身体を拭くのですが、シャーベット状になって、葺けているのかどうか分りません。葺けたことにして着衣、空を見上げると『満天の星』北斗七星・北極星・・・いつもより更に大きく見え、感じます。達成できた喜びが、涙となってあふれます!又、来年もやれる・・・!
このあと、五十鈴川に一礼して道場へ、道場では、古式のっとって『直会』(なおらい)が行われ・・・赤福を頂きお風呂で、よおーーーく! 温まって、11:45消灯です。明朝は、5:30に、太鼓の音でスタートです。おやすみなさい。多くの方に守られて無事に終えられました。感謝いたします。
*今、事務所で暖房ナシで、入力していますので冷えてきました。二日目は後日に・・・
[PR]

Commented by shiruku at 2012-02-22 12:42 x
大木の伐採(剪定)から・・・水行まで・・・!
宮ちゃん先生は偉大なお方:有言実行、無言実行なさる先生!
この厳寒に誰も彼もできません。驚き、たまげ感動、大尊敬です。
今では両方実現なさって清廉された宮ちゃん先生のお姿が・・・!人間性溢れる宮ちゃん先生 益々のご繁栄を・・・! 
今後共ご指導の程よろしくお願い申しあげます。
Commented by みやちゃん at 2012-02-22 19:15 x
shiruku さん こんばんわ!過分なお言葉を申し訳なく拝受いたします。いつも精一杯のみやちゃん、そんな立派なもんではありませんので・・・
先ほど、塗装の仕事・現場から帰って来ました。明日の天気が心配です。剪定・伊勢、なんとか無事に乗り越えさせていただきました。多くの方の支えがあったればこそと強く感じます。次は・・・佐野町場(路地の町・江戸の町)のA4・14枚の依頼が(具体的に)参りましたので・・・仕事・教室の隙間を活用して仕上げたいと思います。応援してくださいねぇー!
・・・こちらの方こそ、よろしくお願い申し上げます。
Commented by シルク at 2012-02-22 21:34 x
ご多忙の中 有難うございます。
あした天気にな~れ♪  私も予定あり(笑)  
A4;14枚(絵・書)・塗装ペンキ屋さん! 二刀流で
若さとご才能活力、カッコウいい・・・! 精一杯頑張ってください。
先月22日の味のある文字講座の宿題:私達見せ合いしました。
満天の星空(海)・・・私はソバカス美人に(楽しく難しく)仕上がり
友達は楽しく上手に書けてました。グッドアイディアで楽しいですね
いろいろ有難うございます。
満天の星空 点点の数 「海」 以外・・・例えば「花」でも、
摘要出来ますか?
Commented by みやちゃん at 2012-02-23 13:18 x
シルク さん こんにちは!
「満天の星空(海)」墨を無作為に散らして、その点々を拾いながら「海」(まつばらとおく~♪)の歌詞を描く。仕上がると墨の点々がなくなって、今までの文字と全く違った文字;詩が出来上がります。これは、何十年って、きれいな文字を書いてこられました・・・その固定観念化されたそのものを打ち砕き、「味のある文字」を描くと言うことの、最短コースで最大効果をあげる学習方法です。他にもあるのですが、今のところ、この方法が一番だと思っています。
「花」・・・もちろん大丈夫です。コツは詩(行・文字)を、割り振って、その中で、点を全て拾い集めることが出来ましたら完璧です。
そして、欲を言えば、絵手紙の文字と印刷活字との違いは、何かというと『手描き』=『一つ一つ変化がある』ということですから・・・
形の変化は、点を拾いながらですから完璧ですが、もっと言えば・・・濃・淡・滲み・掠れを表現できましたら理想的です。しかもその変化で、良い模様というか雰囲気を出せたら・・・(笑)
例;明暗法とか・・・『花』一度挑戦してみてください。そうそう、自分で、点を散らすのも楽しいですよ!ありがとうございます!
Commented by しるく at 2012-02-24 12:40 x
こんにちは!  
日頃お忙しい 宮ちゃん先生:恐縮ながら感謝です。
ご親切丁寧に分り易くご指導頂き、点も自分で散らすのでか!?
粉骨砕身(マジで ホントウに)挑戦させて頂きますね。
楽しみが湧いて来ました♪  「以前A4:こころのふるさと泉佐野」
観光大使 麻生裕未さんへの(犬鳴き♨・・・外)絵・書 自然で
スッゴク素敵でした。今度は14枚? 益々無限の楽しみで・・・!
お元気で頑張ってください。  色々有難うございます♪

<< 伊勢へ・・・2日目 , 大木の枝が・・・ >>